プリン体の量に注意

このような食品を中心にしましょう!

痛風とは、血中の尿酸が結晶化することで白血球を刺激されるようになり、それによって炎症と痛みとが生じる病気です。 尿酸は、本来は血液から尿へと溶け込むことで体外に排出されるのですが、量が多いと血中に残り、徐々に蓄積していきます。それが結晶化することで痛風を発症するので、予防するには血中の尿酸を増やさないようにすることが大事です。 尿酸はプリン体によって作られるので、プリン体の少ない食品を食べるように心がけることが、予防には有効と言えます。昨今では、プリン体を限りなくゼロに近づけた食品も作られるようになっています。また、プリン体は体内でも合成されるのですが、それを抑えることのできるサプリメントも多く販売されています。そういったものを日頃から摂取することで、痛風の発症は防がれるようになるのです。

プリン体の量を少なくした食品は、その多くが通常の食品と同じくらいの手頃な価格で販売されています。たとえばビールには、通常は多くのプリン体が含まれているのですが、それをあえてゼロに近づけたビールは、通常のビールとほぼ同じ1缶200円ほどで販売されているのです。 また、体内でのプリン体の合成を防ぐサプリメントは、具体的には尿をアルカリ化するクエン酸が配合されているものになります。これは、1ヶ月分が千円前後で販売されています。そして、尿酸値を下げるサポニンのサプリメントも、痛風予防には非常に有効で、これは1ヶ月分が3千円ほどで販売されているのです。 いずれも手頃な価格なので、多くの人が痛風を予防するために、これらを積極的に購入しています。